子育てディスクロージャーブログ出産から育児まで、中年パパのお金をテーマにした子育てブログです。 

このページの記事目次 (タグ: 帝王切開 の検索結果)

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

出産費用と助成金について

   ↑  2010/02/21 (日)  カテゴリー: 費用・制度・助成金など

今回は出産にかかる費用と助成金のお話しです。

まずは費用について、明細は以下です。

入院料(11日)119,000円、分娩介助料150,000円、新生児管理保育料105,000円、産科医療保障制度30,000円、健康保険一部負担金126,480円、その他21,500円。

合計は、な!な!なんと!!!

551,980円!!!

我が家の場合帝王切開だったため、通常より多少値が張ったとは言え、やはりお金がかかるもんです。

この金額を出産時に用意しておかなければならないと思うとかなり不安(T T)

でもご安心、「直接支払制度」を利用すれば、手出しはほんのわずかですむのです。

正確には「出産育児一時金の医療機関等への直接支払制度」といって、小子化対策のために始まった出産育児一時金を、国保連や健保協会などが医療機関に直接支払ってくれる制度なのです。

その額は現在420,000円!!

そのため我が家が実際産婦人科に支払ったお金は131,980円、入院時に前金で100,000円支払っていたため、退院時の支払いは31,980円で済みました。

また、明細中の健康保険一部負担金126,480円は帝王切開にかかった費用、高額療養費制度の対象となるので、一部控除で戻ってきます。

さらに、また私の勤めている会社からもお祝い金として30,000円が支給されるので、ほんとの意味での手出しはごくわずかということになるのです\( ̄ー\)(/ー ̄)/

話しは戻ってこの直接支払制度、手続きも簡単で各医療機関に利用しますと申し出るだけです。

一部医療機関では直接支払制度を利用できない場合もあるそうなので事前に確認は必要です。

妊婦さんとその家族にとっては、出産に際しての負担を大幅に軽減してくれるありがたい直接支払制度ですが、医療機関にとっては問題ありの制度なのだそうです。

各医療機関に出産育児一時金が実際支払われるのは産後2ヵ月たってからになるため、その間の資金振りが困難になり借金で賄う、借金すると当然利息が発生するので医療機関の利益を圧迫するのだそうです。

今回お世話になった産婦人科の院長婦人も、国は本当に何を考えているんだと、大変憤慨されておりました。

(私らに愚痴られても…)

せっかくのいい制度なので、みんなが喜ぶような制度になるといいです。

長妻さん、最近お疲れのようですが、外野の余計な野次は気にせず頑張ってくださいm(_ _)m

スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : 出産費用 費用 助成金 帝王切開 直接支払制度 出産育児一時金の医療機関等への直接支払制度 制度 出産育児一時金 健康保険一部負担金 高額療養費制度 

FC2スレッドテーマ : 初めての妊娠・出産・育児 (ジャンル : 育児

2010/02/21 | Comment (3) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

出産予定日まであと10日ほどだったのですが…

   ↑  2010/01/21 (木)  カテゴリー: 日記

生まれました\(^▽^)/

1月20日の午前1時頃、ふと目を覚ますと隣で嫁さんが産婦人科に電話をかけてる、液体の流出感があるらしい。

破水のおそれがあるので、入院の準備をして今すぐ来てくださいとのこと。

寝ぼけてよく分からんまま、予め用意しておいた入院セットを持って産婦人科へ≡≡≡ヘ(*--)ノ

診察室に入り数分、ロビーで待っていると嫁さんと看護婦さんが出てきて、
やはり破水しておりこのまま入院とのこと。

嫁さんと看護婦さんはそのまま分娩室へ、私は扉一つ隔てた陣痛室で待つことに。

私恥ずかしながら、破水という言葉は知っていましたが、
それがどういうことなのかよく分かっておりませんでいた。

看護婦さんにいつ頃生まれそうなんですかと聞くと、こいつ何言ってんの???って感じで、
破水したんだから今日明日中に生まれますよとのこと。

へぇ~、そうなんだ…( ̄▽ ̄;)

しばらく待っていましたが、陣痛はまだで、朝までは生まれそうにないとのこと。

ほんとに急で仕事も休めそうになく、嫁さんの勧めもあり、私は多少後ろめたさを感じながらも一時帰宅しました。



さすがに寝れません ̄。 ̄



朝までほとんど寝れないままとりあえず仕事へ、眠ッ(--)zzzz

嫁さんの両親には朝方連絡、病院に行ってもらえるとのことでひとまず安心。

もともと立会い出産をする気はさらさらない、仕事している間に生まれたとの朗報があるのがベスト。

仕事へ行ったはいいが気が気でない。

何度か嫁さんの携帯に何度か連絡するも全く反応なし、
病院にいるはずの嫁さんの両親もいまどき携帯を持たずこれまた連絡が付かない。

病院に直接連絡をとろうとするが…



ヤバッ、病院の電話番号知らん ( ̄△ ̄)

今どうなってんの~<(|| ̄口 ̄)>



15時頃外出先から戻り、急いでネットで病院の電話番号を調べどんな状況か聞くと、「まだです」の一言。

もうちょっと詳しく聞きたかったが、なんか感じ悪い看護婦さんだったので聞きにくい、
まだ安定してるってことなのかな???



18時頃仕事が終わり帰路に着こうとしたところでようやく嫁さんの携帯から連絡がきました。

かけてきたのは嫁さんの母親、帝王切開になりそうだが、
私が承諾書に捺印しないと手術が始められないので早く帰って来いとのこと。

後で聞きましたが、昼間結構大変だったらしいです。

バルーンを使った無痛分娩を試みたそうですが子宮が十分開かず、このままだと母子ともに危険。

破水から20時間以上経つと母子ともに感染症の危険があるとのこと。

そんなこんなで帝王切開に踏み切ることになったそうです。



それならそうと、さっき電話したときに言ってくれればいいのに( ̄‥ ̄)



会社から1時間強で産婦人科に到着、速攻承諾書に捺印してほどなく手術開始。

そこからは早かった。

30分もしないうちに分娩室からオギャーオギャーの第一声\(^▽^)/



ちなみに今回の出産をおそらく私より楽しみにしていた嫁さんの父。

嫁さんの兄と弟夫婦の出産は体験したが娘の出産は今回が初めて。

出産前実家には帰らなかったが、毎日夕方お風呂にだけ入りにくる嫁を、
車の運転ができなくなってからというもの毎日送り迎えしてくれた父。

お産が始まってからも平静を装いながらソワソワソワソワ。



そして一番楽しみにしていた第一声のその瞬間!!



たまらずタバコを吸いにいくと席を外しており聞き逃しちゃいました( ̄▽ ̄)



20時1分無事生誕!!破水から19時間強、ギリギリセーフです。

ほどなく看護婦さんが生まれたての赤ちゃんを抱きかかえて私らのもとへ。

保育器に入れられた赤ちゃんとガラス越しではありますがご対面。

その頃ようやく嫁さんの父も何も知らずにタバコから戻ってきました。

ガラス越しの赤ちゃんを指差してもう生まれてますよと冷たく告げるとちょっぴりガッカリした様子( ̄▽ ̄)



それにしても不思議なもんです。

今まで他人の赤ちゃんを見ても猿みたいでちっともカワイイと思ったことがありませんでしたが、
わが子となるとやはりカワイイもんです。

ほんと何度見ても飽きない。

と同時に心配。

保育器の中で暴れまくるわが子。危なっかしいからもうちょっとおとなしくしててくれ(・・;)

さすがに長丁場で赤ちゃんも大変だったようで、時々開く目は白目をむいている。

しばらくして落ち着いてくると目も黒目がちの可愛らしい目に。

赤ちゃんって生まれたばかりは目をつぶっているものと思っていましたが、こんなに目を開けるもんなんだ…

もちろん見えてはいないんでしょうがこっちを見ているようでなんだかうれしい感じ。

チンチンも意外と大きいなぁ( ̄0 ̄;)



赤ちゃんが出てきて一時間弱、縫合を終えた嫁さんが私らのもとへ。

麻酔で朦朧とした嫁さんは完全に疲れ果てていました。

やっぱ帝王切開だと生んだ後が大変ですね。

お疲れ様でした、よう頑張った!!



しばらく病室で話した後、嫁さんも疲れているだろうと私らは退散。

家に帰り一人になるとジワッと感動が湧いてくる。

今日は仕事も休みが取れたのでゆっくり赤ちゃんに会ってきま~す!!



そして退院後約1ヵ月間は嫁さんも実家に帰り念願の一人暮らし、
やりたい放題気ままに過ごさせていただきます( ̄∇ ̄)v

この記事に含まれるタグ : 子育て 出産 育児 子育てブログ 育児ブログ 破水 感染症 陣痛 帝王切開 ブログ 

FC2スレッドテーマ : 日記 (ジャンル : 育児

2010/01/21 | Comment (1) | Trackback (1) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。